November 10, 2014

南三陸町 総合防災訓練に参加しました。

今回の任務は、(訓練)土砂災害現場の上空からの確認と報告です。

訓練飛行中、自衛隊機(ヘリコプター)と無線交信しながら、位置等を連絡しました。

こちらのヘリコプターから撮ったビデオをUPしました。






tshishido at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘリコプター 

October 13, 2014

岩手県 大槌町 吉里吉里で防災訓練に参加してきました。

ヘリコプターは4機の参加です。

現地スタッフの育成が主な目的で行われました。



tshishido at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘリコプター 

October 06, 2014

富山空港に行ってきました。

富山空港、着陸の様子です。


帰りは雨のため、新潟空港に向かいました。





tshishido at 09:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘリコプター 

September 15, 2014

スカイツリー周辺をヘリコプターから撮影しました。

埼玉に行った帰り、給油のため東京ヘリポートへ。





tshishido at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘリコプター 

August 21, 2014

ヘリコプター操縦(着陸まで)の様子を前から撮ってみました(^_^)v



tshishido at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘリコプター 

July 08, 2014

女川町と松島町のヘリポートを確認してきました。

機長 宍戸
副操縦士 RR
ほか搭乗者 1名



tshishido at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘリコプター 

June 02, 2014

田沢湖を空撮してきました。

3月決算5月申告も一段落し、岩手、花巻経由で秋田、田沢湖までフライトしてきました。

仙台から往復、2時間くらいのフライトでした。

この日は大変暑く、地上では気温が30度を超えていました(上空では20度前後)。

海抜2000メートル位までは、空気が淀んでおり、視界が悪いなか地図と航空用GPSを頼り

に山を越え、田沢湖にたどり着きました。

その時の動画です。







tshishido at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘリコプター 

April 14, 2014

大河原の一目千本桜を上空から撮影してきました。

昨日、税理士会のゴルフコンペの後、税理士二人をヘリコプター乗せて、大河原の一目千本桜を見てきました(満開でした)。

さすがに、道路は渋滞してましたね。

その時の様子をビデオ(Gopro)で撮影しました。



tshishido at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヘリコプター | 税理士仲間

March 25, 2014

被災地沿岸部では、護岸工事が進められています。2014年3月9日 山元町、亘理町周辺のヘリコプターからの映像です。離着陸 山元町立坂元中学校。



tshishido at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最近の話題 | ヘリコプター

June 20, 2013

託児所に係る課税問題の検討④

今回は、法人としての損害賠償請求権と経費性の観点から検討してみたいと思います。

「法人としての損害賠償請求権」とは、第三者に対して企業自身が被害者として、損害賠償を請求できる権利という意味です。

例えば、会社所有の物が壊された時には、加害者に会社として弁償してもらいますよね。

ここで考えてみましょう。

もし、事業所内託児所で従業員のお子さんに怪我をさせてしまったら、会社は損害を与えた当事者として、何らかの責任を負いますよね。
また、会社が委託する外部の託児所であって、会社が一括契約しているような場合にも、何か事故が起これば、会社はその責任を免れることはないと思います。
どちらにしても、会社として事故を起こした本人(事業所内託児所勤務の職員や、会社契約の外部託児所)に対して賠償請求を検討すると思います。

それでは、従業員個々が、外部の託児所と契約し、そこで起きた事故の場合、どうでしょうか?
会社としては、何ら出る幕はありませんよね。

そうすると、
「託児所に係る課税問題の検討」ということで、4回にわたり書いてきましたが、今までの検討事項と、この企業の損害賠償請求権との共通点に着目して、判断材料の一つを見出すことが出来ると思います。

つまり、
企業の損害賠償請求権が発生し得るものについては、託児所に対する企業の経費性や従業員等の特定の現物給付該当性があると考えられます。



tshishido at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 税について