December 2010

December 16, 2010

平成23年度税制改正大綱が閣議決定

表題のとおり、本日「平成23年度税制改正大綱」が閣議決定され公表されました。

各メディアにより、既に耳にされていることと思いますが、法人税率の引き下げに伴って、その財源確保の必要性から、所得税、相続税等の大幅な増税が行われます。

さっそく、税制大綱本文を読んでみました。

法人については、国税(法人税)と地方税(法人都道府県民税、法人市町村民税)を合わせて、実質5%(実効税率5%といいます)の引き下げを行うために、法人税率を現行の30%から25.5%に、
また、中小法人に対する軽減税率は、現行の18%(もともと22%で来年3月末までの時限措置)を、15%にするようです。

しかし、法人の課税所得(税率を掛ける前の法人税法上の利益)算出に当たって、特別償却や準備金等の廃止や一部縮減を行い、また、減価償却資産の耐用年数の見直しによって、課税ベースを拡大すると言っています。

簡単に言いますと、今まで固定資産をなるべく早く経費処理(損金経理)し、法人税等の税金支出の圧縮により、投下資本(資金の流出)の回収を早期に行えた特典を廃止し、さらに、減価償却の償却速度を主要国なみに遅くする、つまりは耐用年数の見直しによって課税所得の拡大を行おうというものです。

これでは、企業の新たな設備投資(買換え等)意欲が減退し、今の景気回復にブレーキがかかるほか、課税所得拡大によって、税率引き下げの効果は薄れてしまいます。

相続税については、基礎控除「5000万円+相続人1人につき1000万 が 3000万円+相続人1人につき600万」に縮小され、さらに最高税率が50%が55%に引き上げられます。また、死亡保険金の非課税措置の見直しも行われることから、今後、相続税を納付しなければならない遺産相続が増加するとともに、相続人の納税負担も大きくなります。

所得税、その他については、追々、述べていきます。

tshishido at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 税について 

初雪

昨日、午後から雪が降ってきましたね。
仙台の初雪なんでしょうか?

今年の夏は、あんなに暑かったのに、本格的な冬の到来です。

「暑い」のと「寒い」のと「どっちがいい」とか聞かれることがありますが、みなさんは如何でしょうか?

私としては、最近スキーもしないし、子供たちも大きくなって、「ソリ」遊びにつれて行くこともないし、雪の降る冬よりも、夏のほうが、あまり行動範囲が制限されなくていいのかなって思うところもありますが、やっぱり微妙ですね。
今年のような、長く続く暑さは、もうこりごりですね。あと1週間あの暑さが続いていたら、私も体調を崩していたと思います。もう、限界でした。

今夜は、今年最後の空手の稽古です。今シーズンの寒さに負けないよう、気合を入れて頑張りましょう。

押忍(オス)


tshishido at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最近の話題 

December 07, 2010

反省

今日、仙台市内の中学校で「租税教室」を開催しました。

「租税教室」は3年生で習う社会科公民の授業のうち、「租税」と「財政」の部分を私たち税理士が担当させていただくものです。

学校との事前打合せで、生徒が使用している「教科書」と「資料」をいただき、なるべく教科書にそった授業ができるよう講義案を作成しました。

そして今日の本番。

私としては、反省点が目立つ内容でした。

1コマ、50分の授業で、どれだけ生徒に伝えることができたか、自信がありません。

教科書の範囲をすべて、話さなければならないというような焦りから、余裕のない、一方通行の授業であったかも知れません。

一方通行でも、きちんと生徒に理解していただけるような表現や手法だったかといえば、それもできていなかったように思います。

生徒のみなさんは、とても素直で、熱心に聞いてくださいました。
今日は、ありがとうございました。機会があったらまた聞いてくださいね。
IMG_0065[1]

tshishido at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 租税教室 

December 02, 2010

本日の稽古(税理士空手教室、1年後の様子)

毎週木曜日、18時30分から20時までの1時間半、本部道場にて空手の稽古をしています。

本日の稽古の様子をアップしました。




tshishido at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 空手 | 税理士仲間